YOSHINORI KIDO
個性が強くても反発し合っていない、それがホープ。
個性的なところを受け入れる懐の広さがありますね。
木戸 芳紀
エリアマネージャー / 入社年:平成20年2月
HOME > 木戸 芳紀
ホープについて
オーナーを中心に社員のほぼ全員が「キャラ濃いな」って思います(笑)。
個性が強くても反発し合っていない、それがホープ。個性的なところを受け入れる懐の広さがありますね。
そして、ホープ全体で“新事業”って言葉が出てきている。
しっかりとした利益の出せる別事業を立ち上げて、自分がその中心となっていくのは楽しいかなと思いますね。
ココスぺ1級
2015年にCoCo壱番屋の検定「ココスペシャリスト1級」を取得しました。
この資格をもっている人はホープでは少数です。
取得するまでは運営の手際やスキルのことばかり考えていましたが、取ってみて振り返ってみると、一番大切なのは「1級が欲しい!」と強く願う気持ちだと感じました。
もちろん技術は必要ですが、何回も何回もチャレンジすればいつか取れると思うんです。
落とされても落とされても「また審査してください」と言い続けられる折れない心。
それが1級取得に一番必要なものだと思いますね。
今後の抱負
入社してから7年間独立志望でがんばってきましたが、目標を変えて会社に残る決意をしました。
今はシニアマネージャーを目指しています。
マネージャーと店長の違いは、「育てる」事かな。
店長はアルバイトさんを育てたり、お店の運営そのものに関わりますが、マネージャーはその店長を育てることに関わってきます。
今の課題は、自分が出来ることを店長にも出来てもらうために、どうすればいいかを考えています。
エントリー、マイナビへ